効率的商品管理

こんにちはソラヌマです(^^)/

エクセルでの商品管理~納品、数値管理までの私が行っている工夫について書きたいと思います。

 

商品管理ファイルですがみなさまどうされてますか?

まず最低限(ほんとに最低限)抑えたいポイントとしては

 

①どの発注商品が到着したかわかる(到着がないこともよくあります)

②個別損益分岐点がわかる

③各カードの半月利用額がわかる(半月サイクルでまわしてるので締めごと)

④在庫額がわかる(棚卸が可能である)

 

あと欲をいえば回収率、と予想利益額、赤字ライン

いくらでも増えそうですが上記くらいですかね。

 

さらにデータを残して今後の仕入れや効率化に貢献できるようにできるといいですね。

 

作成しているファイルは

①商品リスト

②在庫管理、支出管理表

③納品管理表

 

①は商品ごとに商品名やASIN、重量、仕入れ先アドレスや損益ラインをリスト化しています。

やっと1100リストくらいまで来ました。

仕入れ不可(利益出る見込みない商品)は省いていったので精鋭1100リストです。

なくなったら泣きます(笑)

 

②は在庫額管理と半月のカード利用額がわかるようになっています。

資金繰りのために仕入れ過多も仕入れ不足どちらもダメです。

計画通り仕入れるために重宝してます。

 

③は発注商品がMYUSに到着しているかをチェック。

納品時には

個別に送料と関税わりだしてから

↓以下プライスター作業

一括商品登録を行い

で原価設定、赤字ライン設定を在庫編集

アマゾン

 

商品登録と在庫編集はCSVファイルを出力してアップロードすることで効率化できます。

Amazonセラーセントラルでも同様の機能ありますがプライスターの一括商品登録は項目が少なく楽です。

同一ファイル内でタブ作ってフォーマットくんどいてリンクしてあげると納品時楽です。

 

商品登録のほかに在庫編集も行うのは商品あたりに原価と送料と関税を足したものを入力して個別に損益を確認するためです。

すると…

北海道

こんな風に一個づつ利益計算もしてくれるんです(ざっくりですけどね)

 

そしてFBA納品もいっかつで行えるように組んであります!

テキスト形式で突っ込むやつです(雑すぎる(笑))

 

もっと詳しく書こうと思いましたが複雑すぎてやめました!

何回も修正繰り返すうちに複雑になってましたねー

 

ここらへんもすべて外注さんにお願いしています。

改めてみてみるとほんとわけわからん作業です(笑)

こんなわけわからん作業やっていただいて感謝、感謝です。

 

うちのファイルについてもし聞きたい人いたら連絡ください(笑)

いつでもおしえます。

しかしものを見ないで数字だけの管理ってのも味気ないですよね。

時々返品とかで商品見れる機会があるのですが妙にテンション上がってしまいます!

最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です