選ぶ、捨てる、シンプル

amazon

こんにちはソラヌマです(^^)/

やることを増やすのは簡単ですね。

ではその逆は…?

限りあるエネルギー、資本を最大限有効活用するには?

 

これも効果ありそうだし、あれも…

この数字を拾いたいし、この管理をしたい。

 

やることを増やしたりエネルギー、資本が分散しないように気を付けていたつもりなのに

気づけばいろんなことに手を出そうとしていました。

 

 

成果を出すためには(限られた時間内に)シンプルに大事なことだけに集中する必要がありますよね。

そうでないと、あれも、これもで共倒れになりますからね。

二兎を追う者は一兎をも得ずです。

 

それを気を付けていたんですが…

気づけば販路を増やそうとしていました。

 

そこに割く、時間も、人も十分ではないのに。

 

回転を下げて利益率をあげる戦略をとっていたので

当然売り上げは渋ってくるのは見えていたはずなのに

いざなってみると(売上がさがるのが)不安でしょうがない(笑)

 

そこで販路拡大をしようと思ったのですが

とりあえず手早い感じで外注さんにカタログさくさく

つくってもらっていたのですが…

 

なんだかいろんなこと全部やってやろうみたいになっていました。

それはやめようとおもっていたはずなのに。

不安の裏返しですね…

気を抜くとすぐ脱線します…

 

時間は少ない、できることも少ない。

 

ですのでヤフーショッピングで少し準備したのですが

閉めることにしました。

 

アマゾン以外のモールですとセールス(商品ページの作りこみや写真の見せ方)もネックになってきます。

となると、これはAmazonでの出品に比べて単純にすることが増えます。

ここの技術は将来的には必要不可欠なスキルですが

今の私には習得にかかる時間が捻出できませんし

それならばAmazon内で今の商品でさらに売り上げを上げる方法をマスターしてからでも遅くないと考えました。

 

Amazon内の販売促進方法を身に着け

外注さんを育てて

資金と時間をつくってから乗り込むのがベストと判断しました。

 

将来的な理想としては

管理の手間が増えない販路拡大

です。

 

ツールをつかうか、人を使うか。

理想形はすでに頭の中にあるのですが。

販路拡大には今後も意欲的ですが今ではない、ということです。

 

アウトドアブランドのパタゴニアの成長目標は年5%以下だそうです。

これは環境最優先の企業としての決意の表れでもありますが

急激な成長を避けることで内部的な安定(余裕)も生み出すと思います。

 

それは人、システム、カネの面でです。

私は1年前は今年の6月には会社をやめようと思っていましたが

怖くてやめれませんでした(笑)

 

でもおかげで?、ゆっくり成長のうちのビジネスは守りもしっかりしてきました。(特に外注さんが育ったのが大きいです)

急いで成長させると資金の面でも管理の面でもブレーキをかけるのが大変だと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です