為替レートのいいクレジットカードブランド

輸入ビジネス

こんにちはソラヌマです(^^)/

クレジットカードのブランドいろいろありますが為替決済手数料はブランドによって異なります。

では決済手数料のお得なブランドはどこでしょう? 

クレジットカードの国際ブランドといえば

VISA、Mastercard、JCB、AMEX、ダイナースくらいですね。

 

ですが国際的にどこでも使用できるのを考えると

VISA、Mastercard、AMEXに絞られます。

 

公表の為替手数料は

VISA 1.63%

Mastercard 1.63%

AMEX 2%

実際には少し変わってきます。

 

以前ネット上でマスターがレートが一番いいという情報があって鵜呑みにしていたのですが

実際に自分の数字で確認してことはありませんでした。

 

それでは私のケースで見てみますね。


VISAのケース

ちょっとVISAが最近使っていなかったのでデータが古いのです(去年の5/6)

Amazon輸入

こちらクレジットカードの決済レート。

Amazon輸入

実際の為替決済手数料レート込みが122.014円で

当日の為替は119.72円です。

この場合、為替決済手数料は1.92%になりますね。

 


Mastercardのケース

同日で違うカードの決済がありましたので見てみます。(今年の5/26)

こちらMUFGのマスター。

輸入ビジネス

こっちは三井住友のマスターです。

輸入ビジネス

で、当日の実際の為替が下記

輸入ビジネス

MUFGマスター 111.368円

三井住友マスター 111.655円

当日為替 109.84円

1.39%~1.65%ですね。

 


AMEXのケース

輸入ビジネス

↑MYUSの送料ですね。今年の5/28のレートです。

輸入ビジネス

因みにセゾンカードのAMEX 112.4322円

当日の為替 110.23円

2%、公表値どおりですね(笑)

 

以上まとめますと

輸入ビジネス

となりました。

 

やはりMastercardがレートがいいみたいです。

100万円の1%でも10,000円ですからね。

小さな積み重ねですがこのままいくと年間1500万円くらいカードを使用すると思います。

1500万円の0.5%だと75,000円ですね。

最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です