海外送金(WIRE)のいいところ、わるいところ

直接取引をやっていると

「うちはWIREしか受け付けてませんよ~」

と言われる時があります。

 

海外送金のことです。

 

PAYPALはカスタマーサポートに言えば仲裁に入ってくれるし

クレジットカードは最悪チャージバック使えば保証されます。

 

しかし海外送金は保証は一切ないわけです。

商品が届かない=丸損

 

しかも送金の取引だと最低でも数十万単位になります。

ですので相手方を徹底的に(とは言ってもネット上で)調べます。

 

例えば下記のサイトを使用します。

https://archive.org/web/

http://www.scamadviser.com/

http://www.resellerratings.com/

あとGoogleで名前を検索するとショップの評価が出てくるときもありますね。

 

海外送金は私は近所の地銀に行って申し込んだのですが

地銀はやめたほうがいいです(笑)

 

待ち時間90分、手数料6000円。

何枚も住所、名前、印鑑、住所、名前、印鑑。

インターネットでの決済になれていると

リアル銀行のスピードの遅さには泣けてきます。

ちなみに決して私はせっかちな性格ではありません(笑)

 

その後、楽天銀行をコミュニティの方からおしえてもらいましたが

めちゃくちゃ楽です。

しかも手数料が1回1650円!?

信じられません…(*‘ω‘ *)

 

しかし送金が増えるとキャッシュフローが悪くなります。

それ自体が障壁、リスクな訳ですが。

資金に余裕のある人が取れるリスクですね。

 

あといいところでは送金は為替がクレジットカードよりもいいですね。

為替手数料が含まれないわけですから。

為替1~1.5%くらいはいいような気がします。

 

金額が大きくなると1%でもそれなりの額ですから

そこらへんはお得感がありますね。

 

 

P.S

 

確定申告の時期ですね。

税理士さんから税金覚悟してくださいと通達がありました(笑)

 

去年はサラリーマン収入との副業でしたので

収入がかなり大きくなってしまいました(;’∀’)

(それでもあの手この手で利益圧縮してくれるようなのですが)

 

税理士さんにはギリギリに相談しに行ったのですが

もっと前から相談しとけばよかったなぁと思いました。

 

私は開業日から1年くらいたって開業届を提出。

しかもずーっと税理士さんいなかったわけですが

こういう人は税務調査の対象になりやすいとのことです(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ソラヌマでした(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です