楽天とアマゾンでは売れるものがけっこう違う

販路拡大を考えた時に今まで考えていたのは

ただ商品の出口を増やすということでした。

 

単純転売から始めた皆様はだいたいそうだと思うのですが

商品ジャンルがごっちゃなんですよね。

つまり扱う商品はなんでもいいと。

 

ごっちゃのまま出口だけ増やせば売れるだろ!みたいな。

 

販路拡大でとっつきやすいのはやはり月額無料の

ヤフーショッピングプロとヤフオクストアだと思います。

 

私はなぜか落ちたので(笑)

全く心当たりがないのですが…(;’∀’)

もうちょっとしたら工夫して

もう一度トライしてみようと思っています。

 

そうそれで、楽天さんの話を聞きに行ったのですが

月額料金結構高いんですね。

 

月商130万以上ならスタンダードプランがいいと。

スタンダードプランは月額50000円だそうで。

ただしその分販売手数料に関してはアマゾンよりも安いですね。

 

それからやはり予想していたのですが

お店の展開の仕方がだいぶ違います。

 

アマゾンって基本お店の色を出す必要がないじゃないですか。

お店よりも、商品を買う、アマゾンで買うって感じですよね。

 

楽天さんの場合、個々のお店のリピーターを意識しているようなんです。

商品ページの作りこみもかなり熱がこもっていますよね。

 

販売ジャンルもかなり違っていて

楽天ではファッション系の流通が50%以上なんだそうです。

 

実は取引先でそれ系のところがあるんですが

アマゾンではどう展開していいかわからなかったので

活かせていない部分があったのですが

専門店化をちょっと試してみようか悩んでいます。

 

色々資料を頂いて専門店化すると

お客さんが早くつくとのデータがあるようです。

 

本来多販路で考えることって

在庫の共有だと思うんです。

同じ在庫を多販路で共有する。

これがリスクが低くしかもレバレッジが効く方法です。

 

しかし基本ごっちゃジャンルの私は

専門店化を前提となるとそうもいかないです…(;’∀’)

 

別で在庫を抱えて梱包や発送方法でも差別化を考えないと

生き残れないだろうと。

 

楽天は担当さんがついてくれて

手取り足取りみたいな感じらしいのですが

そんな人任せでいいのか!?

 

もっと楽天という市場を、ECを知る必要があるのか??

悩んでいます…(;’∀’)

 

今やることを増やすのが適正なのか…

それともシンプルにアマゾンのみに集中すべきか…

先日の真贋調査依頼リスクヘッジについて考えてきて

それも頭を離れません…

 

自分が得意で、かつごく少数のシンプルな事柄に集中するのが

速く結果を出す最良の方法なはずです。

 

これはそれと逆行する行為…?

しかしアマゾンだけではリスクが…

悩んでいます(;’∀’)

 

自分と同じように悩んでいる人がいるとして

その人たちから一歩抜きんでるには

やはり踏み込まないといけないなとも感じています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/

ソラヌマでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です