また利益率を上げたいので作戦を考えています

最近利益率が下がってしまって困っています。

利益は出ていますが

肝は売上額ではなく利益率ですよね。

 

売上を作ること自体は簡単です。

ただ売れてる商品の仕入をすればいいわけですから。

 

利益率が下がる要因としては2つあると思います。

 

①価格競争

キャプチャ

アマゾン→アマゾンではよくよくよく起きますよね。

仕入れる時は利益取れるけど

納品の段階になると値崩れしている。

 

自分は本当にアマゾン→アマゾンが苦手でして…(笑)

 

これに対抗する自分の策は相場より安く仕入れるです!

当たり前じゃないかと言われそうですが(笑)

 

例えば安いセラーの在庫を買占めして相場を上げる。

(アマゾンが最安値で販売している場合は諦めます)

または相場より交渉して安く仕入れる。

 

但し一通りネット上の販売先をすべて調べて

どこがいくらで売っているか把握する必要があります。

 

それでこの商品は大体これくらいで取引されていて

過去の最安値はこれくらいで…

そのうえでいくらで仕入れられれば利益は取れるだろう。

といったようにひと手間かけます。

 

アマゾン上ではKeepaが使えますね。

キャプチャ

 

eBayでも過去の落札が見れます。

キャプチャ

 

ちょっとめんどくさいですよね。

でもこういうめんどくさい事をコツコツやるのが

自分たちのような弱小セラーの生きる道ですよね。

 

②返品、損傷、不良在庫

不良返品や損傷、不良在庫などでヤフオクで赤字販売すると

どうしても利益率が下がってしまいます(;’∀’)

 

対策としては不良返品はセラーに連絡する。

上手くやれば返金してもらえることもありますし、

直取だと次回割引してくれたりします。

 

損傷に関してもセラーに一度連絡してみるといいですね。

あと損傷を抑える方法として

極論ですがMYUSを通さずに大口の仕入れ先から

直接配送してもらうと損傷が少なかったりします。

 

不良在庫に関しては対策がないですね…

赤字でもさっさと販売したほうがいいです。

特に期末はそうです。

 

蛇足ですが在庫額(原価+国際送料+関税)は

経理上、利益として計上されます。

ですのでお金に変えなくても税金がかかります。

 

それなら赤字で現金に変えたほうが利益down、税金downです。

一定数の不良在庫は仕方ないと思っています。

特に高利益率の商品は全く外れる場合もありますし。

 

自分偉そうなこといってますが

実はここ最近13~15%くらいなんです(;’∀’)(;’∀’)(;’∀’)

 

ちなみにここでいう利益率ですが下記の数字です。

売上ー(商品原価+個当たり送料+個当たり関税)=利益

利益÷売上=利益率

 

実際にはここから外注費がさっ引かれますよね。

(自分の場合外注費は売上比で2~4%くらいです)

ですので、この式で利益率20%はいかないと…

外注費ですが納品代行と、どう考えても苦しいです。

ここから生活費を捻出するわけですから。

 

売上300万の利益率15%では利益45万。

そこから外注費10万とか引くと営業利益で35万切るくらいです。

 

では売上300万の利益率20%では利益60万。

外注費10万で営業利益50万弱。

 

売上300万で利益率25%では利益75万。

外注費10万で営業利益65万弱。

 

因みに理想形

売上500万で利益率23%、利益額115万。

外注費15万で営業利益100万。

ROI30%だとで売上原価で383万(115万÷30%)

月在庫回転数0.4回/月だとすると

(月在庫回転数は当月売上原価÷(期首在庫+期末在庫)÷2

在庫額958万キープを達成できれば…

 

 

因みに今日の段階で在庫額は571万。

おぉけっこうきびしいですね…

キャッシュフローが持つのだろうか…

ここからの在庫の積み上げは高い基準が必要です。

 

利益出ても実際には

キャッシュフローは上がってこない可能性もありますよね。

ですので利益率には高い基準を設定しないと!

 

基準を設定してもそれを守るのがどんなに難しいか…

もちろん販売の売れ行きとの兼ね合いもありますが

アマゾン販売で販売利益率17%とか

うわ~…(;’∀’)

こういうの仕入れたくなりますよね~

 

ここからは時間をしっかり使って高利益率を探すのと

また新規商品を挑戦してみます。

 

去年は200カタログ作成して生き残っているのは

2カタログ(ただし独占できています)

 

ここから学べることは

丁寧にカタログを育てるという意識が必要ですね。

そしてテストをして改善する。

1カタログごとに手間をかける。

 

並行輸入業者として最大の価値を発揮するのはどこかというと

大手が輸入しないニーズが少ない商品を

日本で安価に手に入れることが出来る。

つまりアマゾンでいう新規商品です。

 

それ以外の相乗りセラーは価格競争を起こして

より安価な価格にする役割

ということになります。

 

あとは日本代理店がない製品を

わかりやすく説明して販売する

なんかも価値になりますよね。

 

価値=利益率の図式が成り立つならば

利益率を上げる近道は

新規商品を詳しく説明して販売する。

ということになります。

 

というわけで1カタログ入魂で丁寧な仕事をします!!

 

最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/

ソラヌマでした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です