メーカー取引や卸交渉をするとわからない言葉がいっぱい出てきました

ちゃんとした会社が相手だと書類の記入も多いです。

アメリカならではのビジネス略語とかもあって

都度理解するため調べながら進めています。

色々調べたので業務上理解が必要な言葉と

アメリカのビジネス文化等についてまとめておきます。

 

例えばWhat is POとかで検索かけるんですが

検索先も英語なので余計わけわからなくなってしまいます(笑)

 

「PO」

Purchase Orderの略です。

注文書とかっていう意味らしいのですが

やり取りでは注文の内容とかを指したりします。

相手によって変わりますが一旦発注書を出して

その後請求書(Invoice)を送ってもらって、

その後入金という流れが多いです。

 

正式なとこではPOにサインが必要な場合があります。

あとInvoiceは大事な書類ですので必ずもらいましょう。

何かあったときに役に立ちます。

 

「T T Payment」

これは銀行振り込みのことですね。

メールのやり取りではWIRE transferとかって言いますが

書類上にはこの形式で載ってくることがあります。

 

WIREを使用するにあたってのおすすめ銀行は楽天銀行です。

安い、うまい、速いの3拍子揃ってます。

 

「MOQ」

Minimum Order Quantityの略です。

例えば最低でも50 pieces以上とか$ 3000以上とか

そういう条件をクリアしたら卸価格だよ~てことです。

 

メーカーとかでもまちまちで、

QTY 10~ EA $ 100

QTY 50~ EA $ 90

QTY 100~ EA $ 85

こんな感じで小ロットから割引してくれることもあります。

(EAはEach、それぞれ1個当たりの意味です)

 

「Trade References」

日本語で言うと信用照会です。

取引先実績がある場合そこの連絡先を記入します。

新規に取引する際の信用調査なのですが

その際にすでに取引のある企業に問い合わせる

という文化がアメリカにはあるらしいのです。

 

尋ね方はいろいろなのですが

普段はどこから仕入れていますか?

みたいな項目がそれにあたると思います。

 

「Price Sheet」

価格表ですね。List sheetとかOffer sheetとかいう時もあります。

 

あとは会社はいつから始めたのかとか

年商はいくらかとか

実店舗かネット販売か卸かとか

ホームページや販路のURLをおしえてくれとか

ここらへんは聞かれて当然ですよね。

どこのだれかもわからない人と取引するわけですから。

 

そんなわけでいろいろ手間がかかります。

手間がかかった割にいざ価格見てみると

Amazon.comの方が結構安いとか

そんなこともあります(笑)

 

取引するのに手間も時間もかかるし

なかなかすんなりいかないこともあるし

めんどくさい事も多いし

こう考えると小売りは楽だな~と感じます。

 

あと国によってコミュニケーションの方法が結構変わりますよね。

何となくですがEU側は礼儀正しい感じで

アメリカは単刀直入って感じがしてます。

 

ここからは完全な自分の妄想なのですが

アメリカって交渉が文化的な感じがしてます。

そしてそれぞれが役割というか機能を果たすことに

重点を置いている。

 

しかし思うのは取引先は広げればいいってもんじゃないです。

どこに集中すべきか…悩んでいます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/

ソラヌマでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です