Google スプレッドシートを軽量化してみました

Googleスプレッドシートは外注さんとの

ファイル共有に欠かせなくなりました。

ですが10000行ほどの参照ファイルを

作成したのですが激オモです…(;’∀’)

以前から重いと思っていたのですが

今回やっと軽量化に成功しました!

もし同じ悩みのかたがいらっしゃったら

是非やってみてください!

今回計算式の繰り返し部分に

ARRAYFORMULA関数を入れてみました。

それだけです(笑)

 

※ちょくちょくグーグルさんで仕様変更があります。

今まで出来てても仕様変更で色々変わりますので

その点ご了承くださいませ。

 

IMPORTRANGE関数とVLOOLUP関数を

多用しまくって他のファイルからデータを

持ってきていたわけですが

Googleスプレッドシートで在庫管理表とかを

作成すると大変なボリュームになりますよね。

 

それでもエクセルならこれくらいは朝飯前!

ですがGoogleスプレッドシートで

表内にIMPORTRANGE関数を入れまくると

本当に重いです。

 

そんなわけで覚えたてのARRAYFORMULA関数の使い方

あと前にも少し書きましたがIMPORTRANGE関数と

VLOOKUP関数を使用しての管理ファイル軽量化について

書いていきます。

 

最初はアメリカの価格($)を入れると

日本の価格(¥)に直してくれる表を作成します。

 

簡単にいくとこうじゃないですか。

($)×為替=(¥)

下の表で行くとF2セルに

=E2*$H$2

キャプチャ

それでF列にコピーかけますよね。

 

これがARRAYFORMULA関数を使用すると

F2だけに入力すればいいんです。

 

どういうことかというと…F2にこんな式を入れます。

=ARRAYFORMULA(E2:E*$H$2)

するとE2以下の部分はこの式を繰り返します。

 

では実際に自分の納品ファイルを見てみます。

自分の納品ファイルは以下の情報を

IMPORTRANGE関数とVLOOLUP関数を使用して

参照しています。

①商品マスタファイル

②在庫管理ファイル

 

商品マスタファイルから品名やASIN、重量、

販売価格などを抜き出して

在庫管理ファイルから仕入れ値、数量などを

抜き出してそれを

納品ファイルにまとめて発送ごとに

作成していたわけです。

 

ですからIMPORTRANGEとVLOOKUPを使用した

下記のような式が至る所にあったんです。

=VLOOKUP(B3,IMPORTRANGE(“ファイルURL”,“リサーチリスト!$1:$5000”),3)

 

上の式の意味はIMPORTRANGEで”ファイルURL”を参照して

VLOOKUPでこの表のB3と合う行の左から3番目の

数字を持ってきてって意味ですね。

 

これをこう書き換えます。

=ARRAYFORMULA(VLOOKUP(B3:B,IMPORTRANGE(“ファイルURL”,“リサーチリスト!$1:$5000”),3))

B3:BはB3から下の部分はこの式を

繰り返すという意味です。

 

注意しなくてはならないのは

その範囲に数式が入っているとエラーになって

書き出しできなくなることですね。

その式以下は削除する必要がありますね。

 

あとIMPORTRANGEはVLOOKUPに組み込むと

アクセス許可ボタンがなぜか出てこないので

どこか空いてるところで一回

IMPORTRANGEだけの式を作成して

アクセス許可してから作成するとうまくいきます。

キャプチャ

外注さんにお願いしていると

やはりファイル共有は便利です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ソラヌマでした(^^ゞ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です