退職時にやっておいた方がいいこと

会社からの退職時には

やるべきこと、やっておいた方がいいことが

面倒ですがいろいろあります。

 

会社勤めで独立となると

これまで健康保険は半額会社負担だったのが

全額負担になり

厚生年金から国民年金へと移行します。

 

これからはあの手この手で

節税にいそしむわけですが

その前に各種手続きをやっつけておきましょう!

 

主に手続きは下記の3項目になります。

健康保険

年金

確定拠出年金

 

 

健康保険

 

健康保険は会社勤めの時は

会社が半額負担の社会保険でしたが

通常国民健康保険に加入します。

 

当然高くなりますが、会社の社会保険を

最長2年間継続する任意継続という制度があり

こちらの方が安い場合があります。

 

会社の健康保険組合に聞いてみる必要がありますが

収入の上限が設定されている場合があり

自分の場合は月額32万円が上限で

こちらを適用した方が安かったので

任意継続することにしました。

 

昨年の年収が500万円の方は

月額で割ると約42万円ということですね。

ここら辺は会社ごとに色々違いがあると思いますので

確認が必要です。

 

 

年金

 

年金は今までは会社加入の厚生年金でした。

これからは国民年金になります。

実はサラリーマン退職後2年間は

ほぼ年金の免除申請が通るとのことです。

 

月額16000×2人(自分と妻)=32000円ですから

独立直後の不安定な時期ですから本当に助かります。

申込書と離職票のコピーが必要です。

 

 

確定拠出年金

 

勤めていた企業で企業型確定拠出年金に

加入していた場合は個人型確定拠出年金に

切り替える必要があります。

 

退職後に通知が郵送で送られてくると思いますが

切り替え手続きをしないと

取り戻せなくなります(笑)

 

これに付随して確定拠出年金は

年金を補助する形の年金という位置づけですが

解約が基本的には出来ません。

ですので60歳までは引き出せないんです。

 

よく保険屋さんとか言いますよね。

老後に年金が毎月いくらで

生活にはいくら必要で

ですから毎月これくらいの貯蓄が必要で…

 

はっきり言って老後の生活のことなんて

わかりません(笑)

 

ですので老後の心配はしたことが無いのですが

確定拠出年金は全額所得控除になるという

メリットがあるのです。

 

話しは逸れますが個人事業主にはそれを上回る

小規模企業共済制度という制度があります。

 

基本的には確定拠出年金と似たような制度です。

経営者の退職金というキャッチコピーがついています。

 

ですが確定拠出年金と決定的に違うのは

解約(払い戻し)が出来るという点です。

さらに解約しなくても納入額内であれば

貸し付けを受けることもできるのです。

 

最大の毎月の掛け金は7万円まで。

これが全額税金の控除になるのですから

仮に毎月7万円の掛け金をかけたとすると

1年間で84万円の所得控除です。

 

所得金額が400万円の場合は

241,300円の節税になります。

 

数%の投資信託に預けるよりことを考えたら

恐ろしい利率です(笑)

さらに運用益もあって過去5年の平均運用益は

3%くらいでかなり優秀な方だと思います。

 

1年分の前納も出来ますので税金対策で

困った場合はこちらを活用すると

いいかもですね。

詳しくは町の商工会議所で聞いてみましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ソラヌマでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です