楽天は最安値じゃなくていい

楽天の価格設定は面白いです。

自分はAmazonでの出品価格って

常に最安値だったんですよね。

 

いわゆるところの検索力っていうのは

最近みんな上がってきていて

知り合いの主婦とかに

普段どうやってネットで買うの?って聞いてみたら

 

くまなくネット上を検索して

1円でも安いところで買う!

 

とのことでしたので

やはりネット上最安値を

意識していたのですが…

 

まず楽天ユーザーは楽天しか見ないんです。

自店での購入者の楽天会員ランクですが

半分以上がプラチナとゴールドです。

 

これはすごくないですか?

楽天の囲い込みは完全に成功していますよね。

ですからまずは楽天内最安値であれば

それなりの需要があるわけです。

 

次に楽天は型番商品であっても

すごく探しづらい(笑)

これが逆にメリットになっています。

 

キーになるのは

キーワード出現数

レビュー

購入数

閲覧数

 

これを制したページが流入を制するんです。

 

さらに流入したページからの

自店の回遊へ誘導する流れを作れれば

アマゾンと違ってライバル不在の場へ

誘導することも可能ですよね。

 

商材によっても異なると思うのですが

男性ユーザーターゲットだと

これは顕著だと思います。

 

逆に女性ユーザーターゲットだと

ネット上をくまなく検索されて

しまうと思います。

 

飲み会の度に友人に聞き込み(笑)しているのですが

くまなく検索する人は

女性に多いようです。

 

ということで楽天の本格始動から

4か月目に入りましたが

価格を上げてみました。

 

利益率20%以下は軒並み

値上げの殿様価格ですが

正直、思った以上に売れます。

 

今月は楽天月商100万行けそうな気がします(^^)/

そろそろプランアップかな~

 

月商120万くらいになったら

楽天のスタンダードプランに

変更したほうがいいみたいですね。

がんばります!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ソラヌマでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です