販売力がもっと欲しい

どうしたらより他社と差別化できるのか

考えています。

 

アマゾン輸入販売ははっきり言って

量をこなせば必ず結果がついてくると

思っています。

 

つまり量さえこなされたら

いつでもライバルたちに

追いつかれ、追い越される。

 

みんな同じ人間で

考えていることもさほど

変わらないわけですから

 

決定的な要素はないわけですが

自分たちのようなものに求められるのは

様々な技術や知識を

組み合わせて機能させる技能です。

 

ちょっとわかりづらくて

申し訳ないんですが

自分たちをいろんな状況が

取り巻いていますよね。

 

ネットが発達して

情報が速くなり

様々な技術が安価に

アウトソーシング可能で…

 

ネットでの販売についていえば

アマゾンにおける販売は

モノレートから販売数読んで

出品者数数えて

何個仕入れるとか。

 

いや、最高にシンプルで

わかりやすいですよね。

 

真の競争力をもつには

こういった正解があることから

一旦離れて、その上で

いろんな試行錯誤を

経験として積み上げなければならない。

 

全くまとまらないのですが(笑)

つまり今もっとも欲しいものは

販売力なんです。

 

今の自分にとっては販売力こそが

一つの競争力になると思っています。

 

ここで言う販売力はこういうことです。

 

ネット上から流入をつかみ

販売ページで人の心を動かし

より高単価で購入して頂き

さらに高い満足を得てもらう。

 

もちろんこれを実現する方法は

ひとつではありません。

 

流入一つとっても

様々な広告やSNSの手法があったり

ここは移り変わりが激しいイメージですね。

 

セールスに関してはいわゆるLPだったり

ここら辺は昔から研究されてきた分野なので

様々な資料が参考になります。

 

マーケティングについてもしかりです。

 

新しい技術や知識を習得し

組み合わせて機能させ

ネットの向こうの顧客の

心を動かす。

 

結局はネットを介しても

最後は人と人ですよね。

 

これが自在にできたら

最高に楽しいと思いませんか。

 

今は特にフォトショを勉強して

LPとか作ってみてるんですが

楽しいですね~

ほんと好きなこと学べるって

幸せです。

 

一個これ用に作りました。

会議室に鹿入れてみました。

benjamin-child-90768

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ソラヌマでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です