在庫保管日数とキャッシュフローについて考えてみる

在庫をどんどん積んでいますが

回転がなかなか上がってこなくて

焦っています(笑)

 

在庫保管日数とリピート発注数

あと付随して保管日数とキャッシュフローの

関係について考えていきたいと思います。

 

在庫保管日数とは発注して

請求が上がってから商品が

売れるまでの期間ですね。

 

お金がモノに代わって

またお金に代わるのに必要な

期間と言ってもいいですよね。

 

請求のタイミング自体は

ほとんどの場合は

発送時に上がってきます。

 

ですので在庫保管期間とは

輸送などのリードタイムを含みます。

 

こう言ってもいいかもですね。

在庫保管期間=リードタイム+FBA保管期間

 

在庫保管期間が長ければ長いほど

キャッシュフローは悪くなります。

 

逆に保管期間を短くできれば出来るほど

キャッシュフローはよくなります。

 

利益が上がっていても

在庫保管期間が長くなると

どうしても資金を圧迫します。

 

リードタイムは海外からですと

2週間~3週間くらいになってくると思いますので

FBA入荷から30日間での販売ですと

50~60日間という事になってきます。

 

(もちろん作戦によって目安とする

保管日数は変わってきます)

 

利益率にもよると思いますが

これくらいの保管期間だと

月仕入れ額の2~3か月分の資金が

必要になってきます。

 

ただクレジットカード利用のアマゾン販売だと

入金速く、支払い遅くなりますので

もうちょっと少なくなりますね。

 

保管期間を少しでも短くするためには

①リードタイム(輸送~納品まで)に工夫をする

②発注時の個数に基準をもうける

③入荷してから損切に基準を設ける

という方法があるかと思います。

 

①リードタイム(輸送~納品まで)に工夫をする

できるだけ速い方法で送ったり

海外でラベル張りまで終えてしまって

直FBA納品とか。

 

仕入れ先の状況で色々変わってきますが

自分の場合は納品代行をやめて

自社納品にすることで

短縮することができました。

 

これは納品代行が遅いとかではなくて

発注ごとに納品依頼ファイル作成して

依頼していたんですが

 

梱包が分かれてバラバラに到着していて

到着次第発送ということが出来なかったんです。

 

元々コストダウンの為に自社納品にしたんですが

結果的にリードタイム短縮も出来たって感じです。

 

返品商品とかもさっさと中古とかで

出品してしまいましょう。

 

②発注時の個数に基準をもうける

例えばリサーチ時の仕入れの基準を

1か月に売れる販売数を遵守する、とかですかね。

 

もちろんそのタイミングでしか仕入れできない

(仕入れ先欠品で自分しか仕入れできない)

とかなら基準を破ってもいいとは思いますが

 

小売り仕入れですと

自分しかその価格で仕入れできないことって

なかなか無いと思います。

(eBay上での交渉以外は)

 

直取りリピート発注ならまた違う方法がありますね。

セラーセントラルの在庫健全化ツールを使うか

 

フルフィルメントレポートで

在庫詳細レポートで保管日数を

数えて目標保管日数と照らし合わせて

発注数を決めるとかもありますね。

 

あとは納品日と販売日をファイル上で

管理して発注数を決める方法もいいですね。

これやっとくと販売管理もしやすくていいですよね。

 

在庫健全化ツールですが

リードタイムと発注の頻度をちゃんと設定しておくと

割とまじめな数字を出してくれます。

キャプチャ

 

自分はリードタイム3週間の

発注頻度1週間で設定していますね。

 

ただ多販路展開のマルチチャネル利用だと

他販路の販売数が考慮されませんので

在庫詳細レポートでいつ入荷して

いつ発送されたかを人力で数えてもいいです。

キャプチャ

WhseTransfersとはFBA倉庫間の在庫移動のようです。

Receiptsが受領でShipmentsが発送ですね。

 

③入荷してからの損切に基準を設ける

入荷してから何日間過ぎて売れなかったら

対策していきます。

 

対策といっても商品ごとに違いますが

閲覧数上げるかコンバージョン上げるか

どっちかしかないですよね。

 

商品の数字を見て決めます。

 

閲覧数なら広告入れるか

検索キーワードを見直す。

 

コンバージョンなら商品紹介コンテンツですね。

写真と説明文を増やして

カタログを充実させるですね。

 

それでもだめなら値下げ、

最後はヤフオクです。

 

それでは最後によろしければ

ご自分の在庫保管日数を

計算してみましょう!

 

必要な数字は

・月の売上原価

・月初と月末の在庫額

これだけあれば月平均在庫保管日数を出すことが出来ます。

※売上原価とは売れた商品の仕入値のことです。

※在庫額には個当たり関税消費税と個当たり国際送料を含みます。

 

まず月平均在庫額を出します。

(月初の在庫額+月末の在庫額)÷2=月平均在庫

 

次に月在庫回転率を出します。

月売上原価 ÷ 月平均在庫=月在庫回転率

 

1か月をここではわかりやすく30日としておきます。

30 ÷ 月在庫回転率=月平均在庫保管日数

 

例えば月に50万仕入をして

その月の月初が在庫額80万

月末が在庫額100万だとすると

 

月平均在庫は(100万+80万)÷2で

90万となります。

 

月の売上原価が40万とすると

40万 ÷ 90万 =0.444

で月在庫回転率は0.444です。

 

30 ÷ 0.444 = 67.6となり

月の平均保管日数は67.6日間で

この数字だとどこかに

てこ入れする必要があるとわかります。

 

偉そうに言ってますが

自分が保管日数の意識が低かったせいで

苦労してます。

 

でも12月が控えてるからこのタイミングで

気づけたのは不幸中の幸いですね。

12月バンバン売ります!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ソラヌマでした(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です