楽天におけるリピーター作戦について考える

化粧品や健康食品のリピーター率は

60%ほどだそうです!

そりゃあ大手さんはそういうの手をだすよな~

消耗品ではない雑貨系だと15%ほどだとか…

 

自分の楽天のお店はというと…

5%…(;’∀’)

 

では自分のような弱小セラーが楽天上で

リピーターをどのようにして作っていくかですが

方針としては

 

①忘れられないうちにリピートしてもらう

②驚きや感動を与える

③違ったアプローチで複数回接触する

 

で行きたいと思います。

 

人ってどんどん忘れちゃうんですね。

しかもアマゾンや楽天で買うと

あまりお店から買っている意識がない。

 

ですからまずは2回目の購入を引き出す事に注力します。

 

お店で買っていることの意識付けとして

楽天、アマゾンで併用可能なショップカードの同梱と

楽天ではサンキュークーポンという購入後画面に表示される

次回使用可能なクーポンを配布していきます。

 

またフォローメールは1通目を発送から1週間後

2通目を2週間後に出し、特典やクーポンなどを

盛り込んでいきます。

 

高単価商品を買って下さったお客様に

おまけをつけるというのもありだと思います。

 

驚きや感動を与えるっていうのは難しいですね…

 

違ったアプローチは

・フォローメール2通

・開梱時のショップカード

・お礼の電話

 

ここまでやったらやりすぎかな…(;’∀’)

ってくらいまずはやってみます。

正直自分だったらここまでやられたら

ちょっと怖いかも(笑)

 

まぁ実際にやってもらうのは全て外注さんなのですが(笑)

 

こうなると当然コストがかかります。

ですから必然的に(?)楽天の価格は

アマゾンよりも上がってしまいますよね。。。

 

それでも売れる楽天マジックです(笑)

 

先月から利益率でアマゾンを超えてきました。

クーポン使用もかなりあるのですが

クーポン引き後の数字でです。

 

アマゾンはページ作り頑張っても

ストック要素が少ないですが

楽天では商品ページ、顧客ともに

ストック化出来るのが大きいですね。

 

一方で手間がかかるっていうデメリットもあります。

アマゾンは本当に手間がかからないので

副業としては最高ですよね。

 

自分も副業時代1日の平均労働時間

10時間超の仕事しながらやってましたが

アマゾンさまさまです。

 

 

P.S

今日は外注さん家族とクリスマス会です。

 

外注さんとは言ってももう

うちのルーティンワークは全て出来る

といっても過言じゃないくらいに

やってもらっています(笑)

 

納品、経理、リサーチ、画像編集、カタログ作成と…

 

おかげで自分は攻めの仕事に集中できるのですが

攻めの仕事って新しい事ばかりなので

あまり仕事した感がないんですよね。

 

考えたり調べながらやったりしているので

1日費やしても、あれ?これしかやってないみたいな。

 

なんにもやってないような気になって不安になるっていう(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ソラヌマでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です