メーカー交渉について

今回メーカーと交渉するにあたって

物販コミュニティKiku&Tomoで行った

Tomoさんの交渉ライブがとても参考になりました。

 

Kiku&TomoはKikurinさん、Tomoさん、サカモトさんの

見た目はチャラく、中身は真面目なご三方で運営されている

物販コミュニティです。

 

Kikurinさんのブログ

Tomoさんのブログ

 

もちろんメーカー交渉にも色んな形があると思います。

まず行きたいのは日本ですでに売れている商品を売る。

これはみんなが売りたいですよね(笑)

既に売れてるわけですから。

ただすでに売れている場合、障壁がある場合が多いですね。

もしくはライバルが多いか。

 

次に日本で認知されていない商品を売る。

 

今回自分が扱うのは後者の方になります。

かいつまんでポイントを書かせて頂きます。

 

①交渉メールはラブレター

②相手の立場に立ってメリットを考える

 

本質はこれです。

 

これは自分が熱を持てる商品じゃないと嘘ですよね。

というか熱がないと売れていない商品を扱おうなんて

そもそも思わないですね。

 

自分がその商品のことを知って

これいいね!ってならないなら

ラブレターは書けないですね。

 

これはたくさん稼ぎたい!!!

よりも好きな商品を扱って色んな人に知ってほしい!!!

という方向けの方法になってくるかと思います。

 

次に自分と代理店として提携する相手のメリットは何だろう?

です。

 

日本は世界第三位の経済大国です。

またこれだけの経済大国、先進国でありながら日本は

英語が通じない珍しい国です(笑)

 

そういう目で見た時に相手側から見て日本は言語の壁が

けっこう大きいと思うんですよね。

 

あとTomoさんの考え方の中で参考になったのが

メーカーのブランディングに対する理解の示し方です。

 

ほとんどのメーカーは価格維持のためのブランディングというのを

すごく気にしています。

 

だから流通を規制したり(総代理店にしか卸さない)

販売価格規制をしたり(希望小売価格の維持)

 

そういうことをして値崩れを防ぎ

製品寿命が短くなることに結構な力を割いているんです。

 

値崩れが日常化して各流通業者が利益を取れ無くなれば

その製品の寿命は終わりです。

 

ですからその製品と市場、プライシングに対する理解がなければ

メーカーと対等に話を進めることは難しいと思います。

 

逆に言えば、そこを理解しているかしていないかが

転売か、代理店かの違いだと思います。

多分。

おそらく。

きっと。。。

 

代理店交渉の際先方とスカイプを行いました。

ドキドキです(;’∀’)

 

日本朝8時、相手夜18時の約束。

 

出ない(笑)

やっぱ前後1時間くらいはオッケーな感じなのね(笑)

30分後やっと出てくれました。

 

3者間スカイプで通訳さんが上手くやってくれて

なんとか形になりました。

 

通訳さんてただ訳すだけじゃなくて要約する

力も大事ですよね。

 

べらべらべらべら~って相手話して、

さぞ長い内容なんだろうと思ったら

通訳さん一言(笑)

 

え、それだけ見たいな(笑)

 

要約力半端なかったです。

 

輸入代理店ビジネスってホントに情報が無いんですよね。

ちょっとネットや書籍を漁ってみましたが

どうもしっくりくるものが無い。

 

多分その業界の展示会に出店したり

直接大手の購買部に営業行ったりとか

そういう感じなんでしょうか。

 

口下手にはそういうのちょっと荷が重いですが

もっと数販売するのにはB2Bが一番早くなってくるんでしょう。

 

 

P.S

元コンサル生とスキーに行ってきました。

9月からはじめて12月月利30万いった猛者です。

1518006397933

 

なんだかんだ言って今年結構行ってますね~

 

今月あと山スキー1回とゲレンデスキー1回お誘いがすでに入っています。

元同僚と近所のパパトモです(笑)

 

最近の1日労働時間10時間は超えてると思うのですが

適度に息抜き必要ですね。

違う業種の人と話すのもいろいろ面白いです。

 

ずっと家なので外のレンタルオフィスとか

行ってみようかなと思ったのですが

札幌だと中心部にしかなくて、

そこまでうちからだと45分くらいかかるので

億劫で行けてません。

 

最近毎日明日は出かけるわって妻に言ってます(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ソラヌマでした(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です