上手くいく要素

基本的にはいつもここから、なのですが

上手くいくために必要な要素はあります。

無ければ身につければいいと思います。

 

勇気

情熱

成功体験

です。

 

 

かなり漠然としているのですが

勇気とは現実を受け入れる勇気です。

 

人によっては現実を見ることがかなり残酷な

場合があるかもしれません。

 

例えば宗教とか占いとか何かにすがっていることで

心のよりどころを持てるとか。

 

それはそれで批判するつもりはありませんが

熱心に信仰しているから未来は明るいかというと

そんなことはないと思います。

 

自分の最大の味方は自分です。

 

だから自分が行動していかなければ

自分の未来は作れないという

覚悟を持たなければならないです。

 

現在の状況をいくら批判しても

それを選んでいるのは自分、なんです。

 

物事を選ぶときにもどちらに行きたいかではなくて

精神的に楽だからを判断基準にしている人が多いですよね。

 

同じ職種で転職を繰り返している人とか

今の状況は嫌だけど、全く新しいことをするのは

不安だし、一から覚えるのがつらいから嫌とか。

 

リスクを取らずにみんなと同じ行動を

取っていた方が精神的に楽とか。

(人間は群れで生活する生き物なので

これは本能的な欲求ではあると思います)

 

どうなりたいかじゃなくて

楽だからを判断基準にしていたら

進みたい方向には進んでいけないですよね。

 

これは数字を見る力にも直結しますよね。

自分のビジネスの数字を見ることは現実を見ることです。

きちんと把握できていますでしょうか?

 

利益がいくらか、今月は黒字か赤字か。

キャッシュフローはどうなっているだろうか。

利益率はどうか。在庫額はどうか。回転率はどうか。

なぜ悪いのか、何が悪いのか。

どのような形に数字がなればいいのか。

その為に何をする必要があるのか。

どれくらい投資していいか。

希望的観測で投資していないか。テストの要素は?

投資額を判断する基準はあるか。

利益を生んでいる分野はどこか。

生んでいない分野はどこか。

売上に対する経費の割合は?

EC販売手数料の割合は?

自分の給与の割合は?

最終的な利益率は?

 

自分も常々物事を正しく見れるように

判断できるように気を付けています。

 

 

情熱とはこれまた漠然としていますが(笑)

一所懸命に本気になれることです。

 

一口に情熱というとおそらくわかりやすいのが

スポーツとかになると思うのですが

それ以外にもいろんな情熱の形があると思います。

 

例えばみんな大好きAppleのMacですが

物に対する徹底した拘りを感じますよね。

(自分はMacユーザーではないので予想もかなり入っています)

 

デザインは美しく、シンプル。

そして見た目だけじゃなく実際に使う上で

ここの反応が遅いのがストレスだ、とか。

もっと使いやすいインターフェイス、とか。

最高の物を生み出したいっていう情熱ですよね。

 

他にはよく見るのは効率に関する情熱を持っている人とか

友人でもけっこういますね。

いかに物を無駄なくきれいに使うかとか。

お金を必要なところにかけて

どうでもいいものは安く済ませるとか。

 

また組織の一員として求められる役割を

しっかり果たすことに情熱を感じる人もいると思います。

 

自分でビジネスをやる人は社会に価値を生み出したいとか

お金を生み出す(生み出せる)ことからの自己承認に

情熱を感じる人が多いのではないでしょうか。

 

作業への情熱もあると思います。

組み立てること、作ることが好きとか

何かしら好きな作業ってありますよね。

 

情熱は人によって全く違って

だから面白い部分でもあると思います。

生い立ちや社会の経験で熟成されていくような

ウイスキーみたいなものだと思っています(笑)

 

情熱または信念と置き換えてもいいかもしれません。

行動し続けるための燃料として、

いい仕事をするためのエネルギーの源泉として、

また進むべき道の道しるべになります。

 

 

成功体験は文字通り成功体験です。

 

成長は努力と比例しませんので、結果が出なくても

努力を継続するためにはいつか結果が出ると

信じられることが必要です。

 

少しやってみて結果が出ないからやめてしまう。

 

過去に成功体験があると体感で理解していますので

行動を継続しやすいですよね。

 

あの人は才能があるから…と思うのも

現実逃避の一種だと思いますが

現実を見続けるためにも

成功体験を積むことは大事だと思います。

 

地道な努力の先に必ず何かがあるのがわかってますから。

よっしゃー!っていう瞬間が少なからずあるんです。

その為の努力は惜しくない、という感覚です。

 

 

この三要素があると行動の継続が出来ると思います。

行動の継続が出来ると人間は元々適応性を持っているので

嫌でも適応、改善していきます。

 

もし要素が無い場合は時間をかけてそうなるように

努力するべきだと思います。

(もし望む方向に人生を持っていきたいなら)

 

あの人のノウハウがあれば…とか

あの人は自分の知らない方法を知っているに違いない…とか

そう思っていても何も変わらないですよね。

 

こういった下地があって初めてノウハウが

機能する状態が生まれるというか…

これはノウハウが高度になればなるほど

しっかりした下地が必要だと思います。

 

逆に言えば下地を持っている人は

すぐに上手くいく状態にあるとも言えますよね。

 

自分にとっては勇気が一番難しいです。

やっぱり気が付くと精神的に楽な判断を

してしまう時がありますよね(;’∀’)

 

数字しかりです。

 

 

P.S

環境を変えていくとそれが望んだ方向であっても

変化に対する強烈な心のブレーキを感じることも

ありますよね。

 

いい変化だろうが悪い変化だろうが

変化自体がストレスになるそうです。

 

転職、結婚、出産、引っ越しと

大きな生活環境の変化があるときは

心の健康に気をつけましょう!

 

もちろん自分も大きく変化していってますので

すごく気をつけています(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ソラヌマでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です