独占契約を正式に取り交わしました

交渉メールがラブレターなら

独占契約は結婚かもです。

 

いわゆる総代理店契約です。

義務と責任がありますよね(笑)

身動きとりづらくなる部分も結構あります。

 

独身ならあっちの商材、

こっちの商材って気軽に

手を出していけますが

 

正式にパートナーとなるとそうもいきません。

他社競合製品には気軽に手を出せないわけです。

 

目標販売数量もあって

交渉次第ですがそれなりに

在庫も抱えます。

 

資本量が少ない場合

独占契約が命取りになる場合も

考えられますね(;’∀’)

 

もちろんいろんなパターンがあるし

交渉次第で在庫を抱えずに

総代理って手もあると思いますが

 

独占販売権と同時に

リスクも抱え込むことは間違いないです。

 

販売価格、販売数量

その他制約条件。

 

交渉カードとしては

販売数量と引き換えに

マーケティング費の捻出

B2Bによるマージン率低下

 

といった理由で販売価格を引き下げてもらいます。

 

もちろんこれには相手方が納得のいく

資料を作成しておいた方がいいと思います。

(口が達者ならいらないかもですが)

 

また日本版のウェブサイト制作や

SNSのアカウント作成&育成も

基本的には相手側の資産となるものですので

 

これをこちら側で製作すること自体

交渉材料となります。

 

と、論理的な交渉材料を示しましたが

最後はやはり、

あなたの商品が好き!!

広めたいっす!

 

これが一番の交渉材料というか

お互いのゴールだと思いますので

この気持ちが大事ですよね。

 

 

P.S

来月の展示会、どんなブース展開しようか悩んでます。

 

前回大コケしましたので

次回は動画をブースで流そうと

思っています。

 

ちょっと変わったものなので

理解してもらうのに

時間がかかるんですよね。

 

ですからプロモーションビデオに

日本語の吹き替えと字幕を入れて

それを流してみようかと思いました。

 

あと1商品makuakeに出品するので

それに合わせたチラシ作成や

展示方法も実際の使用感を理解しやすくなるように

 

ミニチュア的なものをいくつか用意しようと思います。

 

展示会のゴールが見えません…(;’∀’)

 

大きな会社は展示会に100万とかかけちゃいますが

これリターンの根拠はどうしてるんだろう…?

って思ってしまいます。

 

レースクイーン用意するとかほんと

すごいお金の使い方ですよね…(;’∀’)

いや、目の保養にはいいんだけど…(;’∀’)

 

10万でもビビりまくってますからね(;’∀’)

リターンの根拠ははっきり言ってゼロ。

 

これで、いいんか自分…。

商品と自分を信じるしかないです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ソラヌマでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です