SNSマーケティングってやつ

どんな風に進めていいのか悩んでいます(;’∀’)

やっぱり今の時代SNSは避けて通れないんですね(;’∀’)

 

SNSといえばfacebook、twitter、インスタですか。

いや~苦手苦手です。

 

ブログやって、ネットショップやって

ネット上にはたくさん自分の情報乗っけてるんですが

気軽にネット上で交流ってのが

基本的にあんまり苦手なんですよね。

 

あ、でも自分、会話も苦手です(笑)

口下手ですから。

 

ブログだと一方的に自分のこと書いてていいけど

SNSだと変に気を使っちゃって

少し発言するのも疲れちゃうってとこ

あるかもです(笑)

 

でもなんだか最近いろんな人から

SNSをすすめられることも多くて

うちの商材のターゲティングというか

ペルソナもほぼ決まっているので

それじゃあってんで、やってみることにしました。

 

今までワードプレスのブログとかは

このブログも含めて何個かやっていますが

それに合わせてSNSからのブログ流入が

入るように導線組んでみたんですが…

 

初動は好印象でした。

 

ブログのリンクとタグ付けだけですが

SNSからの流入で20アクセスほど。

 

ワードプレスだとGoogleの検索に上がってくるまで

かなり時間がかかるので普通

3か月間くらいはアクセスほぼないんですよね。

 

これは大きな発見でした!

というかやっている方からしたら

当たり前なんでしょうけど(;’∀’)

 

これはブログと同じで大きな資産になりそうな

予感がします…!

 

会社のターゲット層が絞れていて

その顧客層に対してのマーケティングなら

これは顧客リストと同価値ですよね。

 

もちろんSNSは交流が目的ですので

売り込み色を強くせずに長い目で見ても

いいのかなと思っています。

 

その上で価値提供や見ていて楽しいコンテンツを

投稿していって商品の紹介もしていく。

 

何となくはわかるんですがそれぞれの

使い分けが難しいですね(笑)

 

インスタは写真ですよね。

インスタ映えですね。

おしゃれな写真をアップするんですね!?

 

Twitterは気軽なリアルタイム情報??

Facebookは各SNS投稿をシェアしつつ

もうちょっと重めの投稿!?

 

ここら辺の使い分けが…(;’∀’)

 

あとFacebook広告はマジで奥が深いですね。

顧客層を細かく指定出来たり

顧客リスト(メールアドレスとか)あれば

それから類似の属性の方々に向けた

広告とかも出せちゃうんですよね。

(類似オーディエンスってやつ!)

 

これは相当すごそうな機能です。

ただしあくまでSNSですので短期的に

売上を上げる目的にはやはり

グーグル先生のアドワーズ広告が

一番いいような気がします。

 

購買意欲が高いキーワードだと単価も上がりますが

コンバージョンもよくなると思います。

 

ですからFacebook広告だといきなり購入ページよりも

メールアドレス集めるリードとか

売るにしてもフロントエンドとかの方が

相性がいいのかな~と思いました。

 

プラットフォームでの販売では

コンバージョンタグの計測とか

入れられないんですよね。

 

いくらグーグル先生の広告で

楽天のLP飛ばしてもコンバージョンの

正しい計測が出来ない。。。

 

つまり具体的な数値化以前の行動に

結びつけることが出来ないんです(;’∀’)

 

ここもっと出来るようになりたいんですよね。

 

SNSやブログや広告→ブリッジ→購入ページ→決済

 

ここをちゃんと計測して、テストして

数値を改善していく。

 

こうやって出来上がった流れは

これだけで資産ですよね。

 

こういうマーケティングが出来るようになりたいです。

 

 

P.S

展示会で電源を借りたいなと思ったんですが

ブースでの電源工事が必要みたいで

なんだかんだ併せて28000円ほど…

 

展示会は本当にお金がかかりますね(;’∀’)

 

電源は充電式のポータブル電源(13000円くらい)

で頑張ることにしました。

 

製品の動画をパソコンで流して

ブースに置くだけですので

なんとか持つか…

 

他にもいろいろ用意したいものもありますので

それなら別のところにお金かけたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ソラヌマでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です