空から市場を見てみよう~そして輸入代理店へ~

昔空から日本を見てみようっていうテレビ番組
があったんですね、それをもじってみました。
少し大きな視点で物販を見てみようってことで
すね。

ニッチ、ニッチ商材って言いますよね。小需要
小供給のバランスが合っている商品って意味で
使っているかと思います。

隙間産業とかそんな感じのニュアンスです。こ
れは小資本では大企業と正面から戦ったら明ら
かに負けるので、大企業が手を出さない小さい
市場に向けて特殊な商品を提供することです。

もしくは手間がかかる、めんどくさい、胡散臭
い、そういった商材とかも大企業は手を出さな
いですよね。

自社、競合、顧客。

アマゾン内でリサーチをしてみて、特定のジャ
ンルだけよく調べてみるのも面白いです。

よく売れているある商品のカスタマーレビュー
の悪い評価だけを抜粋して見るだけでも満たさ
れていないニーズが見えてくると思います。

大企業ではニーズはわかっていても市場規模が
狭すぎるから踏み出さないというのがあると思
いますが、そういったところでこそ特殊な商品
になって高い価格で販売できると思います。

こんな商品を求めてるんだなーとわかったらウ
ェブを探してみます。その満たされていないニ
ーズをコンセプトにした商品があるか、それに
近い商品があるか。

当たり前ですが日本国内に同コンセプトで競合
が不在のことも確認。

日本語、英語、中国語…複数の言語で検索。

見つかったらとってもラッキーです!
すぐにメーカーにコンタクトをとって熱意を伝
えます。

あとは価格面で高価な商材、似たような商材を
世界の他の国ではどれくらいの価格で販売して
いるのかを調べれば商材が見つかる可能性もあ
ります。

IKEAを見れば生産輸送面での効率化で価格を押
し下げて市場を創り出したのがよくわかると思
います。

小市場向けは海外でも小市場向けなので(日本
の市場規模は大きめ)たいていの場合そういっ
たメーカーは小規模であることが多いです。

つまり日本からのコンタクトがあなたが最初で
ある可能性が高いです。相手もテンションがあ
がることと思います。

この段階では利益云々よりも日本に広められる
可能性に喜んでくれると思います。

で興奮冷めやるぬまま、まずはテスト仕入れを
します。そして軽く販売テストを行います。

前段階で顧客の調査がしっかり出来ていれば、
あとは満たされないニーズを持った顧客に届く
ように働きかけるだけなので全く売れないとい
うことはないでしょう。

販売価格については出来れば3掛け仕入れとな
るように価格設定を行いたいところです。総代
理で国内流通をする場合にも利益が残せるよう
な価格設定にしておきます。

それでマクアケとかアマゾンとかに出したりメ
ディア広報作戦とか広告費とかインフルエンサ
ーとかガンガンやります。

独占契約のタイミングは難しいところですが取
扱前に短期間で一筆もらっておくとマクアケに
出す際にもスムーズです。

で、実績が上がってきて相手方との信頼関係も
構築出来たら本契約書の作成でもいいかと思い
ます。

もちろんニーズの把握さえできればメーカーに
なって製品作ってもいいのかなと思いますがそ
こまでやると結構な投資ですので、類似品売り
つつ市場のことを理解してからでもいいのかな
と思います。

単純転売はリサーチは数字だけ見ればよかった
ですよね。数字だけで判断できるのは簡単なん
ですよね。

数字だけで判断できない要素のリサーチこそ難
易度が高い、リスクがあるので、当然やらない
やりたくない。

正確にリサーチすれば全体の市場規模からニッ
チ市場の推定市場規模は出せるかもですが結構
な労力とコストですので、それならある程度ニ
ーズが取れたところでテスト販売をしてしまっ
た方が早いですね。

なんだか話が逸れた気がしますが(;’∀’)
お読みいただきありがとうございます。
ソラヌマでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です