リスク(チャンス)をとるか、とらないか

輸入ビジネス

こんにちはソラヌマです(^^)/

実は数日間迷っていることがあります。

おいしそうなチャンスにも、落とし穴にも見える機会が巡ってきました。

 

チャンスにリスクはつきもの。

リスクを踏むからこそチャンスがあって、参入者が少なかったりしますよね。

 

じつはひょんなことからハイブランドを扱う海外の業者とつながることが出来ました。

それでまず数点仕入れて納品してみようと思ったのですが

出品審査が結構厳しいんですね。

 

まず所定のパフォーマンスをクリア(評価とか不良率とか)。

さらに提出書類として…90日間以内の5種類以上30点以上の仕入れ伝票3枚以上。

 

ハイブランドは偽物の販売リスクもあるから当然といえば当然なんですが

つまり30点以上まずは在庫を持たなければならないですね。

しかも在庫抱えたからと言って審査が通らないリスクもあります…

 

高単価商品なので完全に躊躇しています(笑)

しかし月間10~20個売れていてライバルセラー1名、利益率20%くらいとどう見てもおいしい商品なんです。

しかも一度許可が取れれば安定して長期にわたって利益を出し続けることが出来そうです。

 

資金繰りの厳しい弱小の私には非常に厳しい判断です…泣

最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です