商品紹介コンテンツの効果

出品者が増えすぎて飽和してしまった商品があります。

まだ在庫が40個くらいあるんですが

2月くらいから全く動かなくなって

どうしたものかなと思っていました。

 

よくよく見たら出品者数が増えすぎただけではなくて

同じ商品を別ページでもっと安く販売していたんです。

 

う~ん、困りました。

しかし赤字でもなんとか在庫をさばきたいですよね。

 

まず最初にやったのは値段を別ページと合わせること。

しかしあまり変化はありませんでした。

 

次に商品紹介コンテンツを入れてみました。

すると面白いように効果が出たんです。

これがそのランキンググラフです。

キャプチャ

 

以前も商品紹介コンテンツのことは書いたことがありますが

やはり大きな効果があります。

 

やっぱりテレビショッピングとかを冷静に見ると

セールスに関しては教科書のようです。

 

①引き込み

②共感

③利益

④解決策

⑤社会的証明(アマゾンでは商品レビューがそうですね)

 

または商品によっては詳しい使い方の説明とかもいいですね。

最新デジタル家電とかだと何につかうんだ?

っていうものも結構ありますからね。

 

アマゾンセラーはこういうところを無視しても

どんどん売れてしまうので

結果カタログ作成のスキルって低いと思います。

ここは差別化できるポイントじゃないでしょうか?

 

実はアマゾンではまだあまり売れていない

ある若干マイナーなブランド品を

ラインナップしようと思っているのですが

カタログ作成に力を入れてみようと思っています。

 

カタログにパワーがあればある程度は売れますからね。

(アマゾンはブランド販売は弱いですが…)

 

ブランド自体はアマゾンではまだ売れてはいませんが

BUYMAや楽天ではそこそこ売れていて、

実店舗でもかなりラインナップされていますので

需要があるのは間違いないです。

 

そしてアマゾンで開拓して楽天との在庫の共有を狙います。

 

仕入先からの値段では価格の競争力では

日本で正面きってのライバルはまだ1店舗のみです。

(多分海外資本っぽい感じ)

 

ですので上手くいけばしばらくは

大きな利鞘を取ることが出来るはず。

 

仮定の段階でしかありませんが

少しできた時間でここら辺に力を入れて

開拓してみようと思います。

 

因みにBUYMAでの商品販売履歴ですが

該当ブランド取り扱いのセラーページから

販売履歴一覧を見ることで

どれくらい売れているか見ることが出来ました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/

ソラヌマでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です