パレートの法則を意識して自分の売り上げを分析してみました

パレートの法則とか

80対20の法則と言われるものがありますよね。

富の8割は2割の人たちが生み出し

所有しているといった社会の不均衡のことです。

 

またこの考えはいろんな物事にも適用出来て

仕事の2割が8割の利益を生み出している。

(1割だったり3割だったり誤差があると思うのですが)

 

例えば人生を変える80対20の法則

「週4時間」だけ働く。に出てくる実例として

取引先の5%が利益の90%を生み出している

といったものがあるんですよね。

 

だから利益を生み出さないところに

資源を流すのをやめれば

もっと成果を得れるということなのですが

実際自分の身でやるにはどうなんだろうと

思っていました。

 

実は先月から仕入れ先をかなり絞ってみました。

6月は5社からしか仕入れていません。

先月の売り上げはまだ他の仕入れ先の商品が

乗っかっているのですが

パレートの法則に則りながら

数字を分析してみようかと思います。

 

例えば見る指標としては

商品

仕入先

販売先

という見方で見てみるとします。

 

(ここでの利益は各仕入れ先の利益を

実数に近づけるために返品、損傷、破棄商品額を

利益額から差し引いています。)

 

6月の実績

売上 ¥4,726,776

利益 ¥688,504

 

検証…利益の8割は2割の仕入れ先から生み出されるのか

6月販売分仕入れ先約90

うち利益率TOP5利益額

¥548,818

総利益額に占める割合79.7%

 

つまり5.6%の仕入れ先から79.7%の

利益が生み出されていました(;’∀’)

マジか…

 

売上に占める割合で言うとTOP5が

¥2,208,467で46.7%ですね。

 

仕事内容でいうと感覚的に言うと

TOP5の仕入れにはほとんど手間も時間もかけていません(笑)

ほぼ価格表もらってリサーチ外注さんに丸投げと

リピートだったからです。

 

今一番時間とお金を使っているのは

多販路展開の仕組み化ですね。

 

では販路別売上を見てみます。

アマゾン 売上¥4,289,177 利益¥631,422

楽天 売上¥437,599 利益¥57,082

売上比で90:10くらいですね。

まぁまだ先月始めたばかりですので

もう少し様子見です。

 

各販路別の固定費の割合も見てみます。

アマゾン ¥5,000

楽天 ¥18,000

Wowma ¥10,000

ネットショップ ¥4,600

在庫同期システム ¥20,000

 

実施には販売手数料が違うので

一概には推し量れないのですが

やはりアマゾン固定費安いです…。

 

実際に多販路になって作業が増えましたので

売上を作るためにさらにお金をかける必要が出てきます。

 

検索対策でも外注さんを使用して上位表示を目指したり

各ECへの商品登録ももちろんCSV使用で効率化しますが

その作業量自体もかなりのものです。

 

先月の追加作業量で約30,000円くらいです。

さらに自社ショップのGoogleに広告を出して

それも月間1万円くらいの見込みです。

 

ここを複雑化とみて手を出さないか…

それとも投資と思ってつぎ込むか…

悩みどころです。

いずれにしても仕入れ先は

しばらく絞っていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ソラヌマでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です