効率的な出品中商品のチェック方法

アマゾン輸入ビジネスはやはり仕入れに

目が行きがちですが、出品中商品の価格改定や

各商品のライバル、売れ行きのチェックと

いったことも売上を作るうえで効果があります。

 

これを怠っていると

売れていると思った商品が

実は全然売れていない。

 

カートボックスをとれていると

思った商品が取れていない。

 

売れると思って仕入れたけど

なぜ売れないのかわからない。

ということになりますよね。

 

価格改定ソフトである程度の調整は

出来ていても価格が上がりすぎてしまって

売れなくなったりとか

自己発送セラーがカートを取ったり

低い商品レビューがついていたりと

様々な原因で売れなくなることがあります。

 

ネット物販では

閲覧数(PV)×転換率(CV)

が購入者数です。

 

ビジネスレポートで言うと

閲覧数がセッションで

転換率がユニットセッション率ですね。

キャプチャ

※ビジネスレポートはセラーセントラルの

レポート→ビジネスレポート→(子)商品別詳細ページ 売上・トラフィック

からダウンロード出来ます。

 

ですので売れないのはどちらか一方

または両方が低いってことです。

 

時間があるのであれば

全商品チェックすればいいですが

出品数が多くなってくると

一通りチェックするのも一苦労です。

 

同じ作業を延々とやり続けると

自分の仕事の質も下がります。

ですので効果のあるところに

集中して作業を充てたいですよね。

 

自分の全商品の閲覧数(セッション)に注目してみます。

過去1か月の総閲覧数は約11万PVでした。

そのうちの8割、約9万PVは

全商品のうちの15%が作り出しています。

 

他の人の数字を聞いたことは無いですが

皆様の数字も分析すれば

大体近い数字が出てくるはずです。

 

ですので効率的に販売ページ対策をするのは

上記の15%の商品だけをチェックすれば

8割がたの対策は出来るわけです。

 

つまりもとから閲覧数のある商品のみ

対策するということです。

閲覧数が低い商品に対して対策を

しても効果は薄いですよね。

 

逆に閲覧数対策をするなら

転換率の高い商品だけに

キーワード対策や広告を

入れればいいわけです。

 

これも自分の数字を分析してみると

過去1か月のユニット率の合計は

約2100%でそのうちの約8割1700%は

10%の商品が生み出していました。

 

この場合上位10%の商品に対して

閲覧数対策を施せば

少ない作業とコストで

最大の効果を得ることが出来ます。

 

ダウンロードしたCSVファイルを

セッション数順、ユニットセッション率順に

並び替えればすぐに分析できます。

 

閲覧数(PV)×転換率(CV)

どちらの数字にも非常に偏りがあるというのは

とても面白いですね。

 

時間には限りがありますし

やりたいこともたくさんあります。

効率的な時間の使い方をしていきたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ソラヌマでした(^^)/

効率的な出品中商品のチェック方法” への2件のフィードバック

  1. いつも濃い情報ありがとうございます!
    目から鱗です( 。゚Д゚。)

    今週お会いできないのは残念ですが、またよろしくお願いします!(* ´ ▽ ` *)ノ

    • ありがとうございます!

      さかもとさんにそう言っていただけるとは光栄です!
      残念ですがまた次の機会に参加させて頂きたいと思います(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です